MENU

久我山の家

作品一覧
敷地は井の頭線の久我山駅より北へゆるやかな坂道を上った台地にある。斜め向かいには公共施設があり、車や人通りの多い道に面している。
建主の最大の要望は、南側に迫って建つ隣家によって既存建物の1階の日照がほとんど得られなかったことへの改善であった。まず、建物を北側道路に寄せて据え、玄関ホールを吹抜けとし2階デッキを室内に差し込むことで自然光を取り入れることにした。
吹抜けとデッキは2階の居間と食堂に挟まれ、空間の演出にも効果を発揮している。さらにルーバーや目隠しの壁で囲まれたこのデッキがあることで、開放的に暮らしながらも外部からの視線を和らげることができる。
車庫上部の天井を低く抑えたその上階に居間を配した。天井高さを確保すると共に、スキップフロアにすることで断面の変化を楽しめる場である。公共施設に面する居間の西側壁面は、窓を無くして大きな絵画を飾れるように。所蔵されている数々の絵画や照明器具に囲まれた豊かな住まいとなっている。
  • 竣工 2017年
  • 所在地 東京都杉並区
  • 敷地面積 150.05㎡
  • 構造設計 野村一級建築士事務所
  • 構造 木造
  • 規模 地上2階
  • 施工 平野建設
  • 1階床面積 84.46㎡
  • 2階床面積 74.52㎡
  • 撮影 小川重雄